女性らしさと健康づくり|低血圧は日々の生活を見直すことで改善することが可能

低血圧は日々の生活を見直すことで改善することが可能

女性らしさと健康づくり

女の人

女性ホルモンの役割や特徴

加齢と共に減っていくものに、エストロゲンという女性ホルモンがあります。女性は、40代では急激に減っていき、閉経後は女性ホルモンの分泌が難しくなる事で様々な身体の不調を訴える方も少なくありません。エストロゲンは、卵胞ホルモンとも言われていますが、分泌されて増やす事でコラーゲンを合成して、髪や肌を艶やかに保ち女性らしさを出します。また、これを増やすと、血管を柔らかく保つので、動脈硬化を防ぎ自律神経の働きも良くしています。エストロゲンを増やす事は、美と健康にはかかせないもののようです。そして増やすと、見た目だけでなく精神面でも、気分を穏やかに明るくすると言われています。ただ、エストロゲンが減ってきた時に、エストロゲンも同じような働きをする植物性エストロゲンが存在します。イソフラボンというものです。

生活習慣で気をつける事

安定した生活を送るためには、エストロゲンを増やすような食事や生活習慣が大切となります。具体的は、大豆製品を食事に取り入れる事ですが、沢山食べればエストロゲンが増えるので良いのかと疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。でも、大豆製品の豆腐などでは、一日半丁で良いそうですので、注意すべき点となりそうです。他の食品では、すりゴマや山芋、卵などがエストロゲンを増やす為に是非食べておきたい食品のようです。しかし、毎日それらを食卓に並べるのは困難といえるでしょう。ですが、サプリメントを使用することで悩みを解消することが可能です。サプリメントであればしっかりと必要な栄養素を補うことが出来るので、健康や美容を維持することが出来るでしょう。また、食品だけでなく生活習慣としては、定期的な汗をかく位の有酸素運動も有効ですので、生活に取り入れたいものかもしれません。そして、長時間でなくても、催眠の質を良くするなども大切だそうです。最低6時間は睡眠をとると良いとも言われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加